長く楽しんで頂けるプリザーブドフラワーをお届けします
ホームプリザーブドフラワーとは
プリザーブドフラワーは、長期保存が出来るように、もともと生花だったものを、人体に無害な薬液を使って作られた物です。色がだんだん褪せてきますが、保存環境によっては、1年から3年以上も観賞することが出来ます。ご自分の観賞の他、大切な方への贈り物にいかがでしょう。
 
♪ プリザーブドフラワーの特徴
 水をあげる事無く、そのままで長期にお楽しみ頂けます。
 生花にはない、さまざまなお色がありますので、多種多様なアレンジメントが可能です。
 長期に保存が可能の為、結婚式披露宴といったイベントの前など、ご自分の都合に合わせて、ご用意する事が出来ます。
 
♪ 保管や注意点
 高温多湿、直射日光、埃が苦手です。
 湿度が高い場所や湿度が高い時期には、花が透けたりむらになったりします。
更に、着色の液漏れや色移りを起こしたりします。濃い色は注意が必要です。
また乾燥しすぎると、花びらがひび割れてくる事があります。エアコンの元では、風が直接当たらない場所に置いて下さい。
また直射日光は、色抜けや色あせの原因になります。薄い色は、濃い色より早くに色が褪せます。
 
♪ トラブルの対処方法
 トラブルの基準は全て同じではなく、花のメーカーによって、さまざまです。
湿気が多く、花が透けたり、むらになったら、除湿剤と共に箱に入れて、ゆっくりと乾燥させて下さい。急激な乾燥は、ひび割れの原因になります。
ひびが割れてしまったり、花ががくから取れそうになった場合には、ボンドやセメダイン、グルーガンをお使い下さい。花びらのひび割れは、裏からそっとボンドをなぞることで、それ以上のトラブルを最小に出来ることがあります。
埃は、弱い風を当てて払ってください。ドライヤーの冷風などを利用すると良いでしょう。手で払ってしまうと、花を傷めてしまいます。
 洋服に色が付いてしまった場合は、直ぐにクリーニングに出して下さい。

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス